読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocos2d-x Android Studioビルドバッチ

プロジェクトを作ったフォルダを開くさきほどの例だと

C:\test

 「androidstudiorun.bat」

「androidstudiocompile.bat」
を作成する


メモ帳で中身を編集

androidstudiorun.bat内は

cocos run -p android --android-studio -j7



androidstudiocompile.bat内は

cocos compile -p android --android-studio -j7 --no-apk

 

 -j7の部分は コンパイルに使うCPU数なので、環境に合わせて変更

androidstudiorun.batはコンパイル実行までしてくれるバッチ

androidstudiocompile.batはClass部分のコンパイルのみ
AndroidStudioでデバック実行させたい時に使う