cocos2d-x Bitmap Fontを使う (Texture Atlas)

フォントから読み込むより画像のフォントを使うとメリットがあるみたいで対応した

・メモリーの消費が少ない

・フォント表示が早い

 

http://www.angelcode.com/products/bmfont/

Bitmap Font Generatorというのを

ダウンロードして、フォントを画像に変換する

※cocos2d-xは1つのフォントに対して1枚のテクスチャしか使えない

f:id:FALStar:20160623154901j:plain

読み込めるテクスチャのサイズにも限界があるみたいで、

漢字まで使うと1枚のテクスチャにまとめれない

 

ひらがなカタカナ記号のみした

 

設定は下記

 

Font Settings

Size[px]を32->64

Render from TrueType outlineをオン

Font smoothing をオフ

 

Export Options

Layout

    Padding 上下左右7

Texture

    Width 2048

    Height 2048

    Bit depth 32

 

    PresetsをOutlined text with alpha

 

FileFormat

    Texturesをpng

 

Save bitmap font asで保存して、

フォトショップで加工

イメージ >色調補正>色相・彩度

  色彩の統一オン、グレー色

レイヤー効果

  境界線サイズ6 白色

とすることで、フォントができた

f:id:FALStar:20160623174812j:plain

 

文字を表示するところはこちらを参考にしました

[cocos2d-x]CCLabelBMFontのフォントサイズを変更 | たそがれブランチ

 

#define BM_FONT_SIZE(__SIZE , __BASE) (CC_CONTENT_SCALE_FACTOR() * ( ( float)__SIZE / (float)__BASE ) )
#define BM_FONT_SIZE64(__SIZE) ( BM_FONT_SIZE(__SIZE , 64 ) )

    Label* label = Label::createWithBMFont("フォント名.fnt","Hello World");
    label->setScale(BM_FONT_SIZE64(48));
    label->setPosition(Vec2(200,300));
    this->addChild(label);